スキル

慢性的に不足しているシステムエンジニア

システムエンジニア(SE)という職業に求めれるものは、エンジニアとしてのスキルと共にシステム開発のプロジェクトを運営するリーダー、マネージャーのスキル、と言えるでしょう。この点でSEとはプログラミングのスキルに特化していることが求められるプログラマーとは異なる資質が要求される職種である、と言えるでしょう。このため、システムエンジニアは慢性的に不足しているとも言われているのですが、実際にもエンジニアとしてのスキルとマネージメントのスキルの双方が求められることで、これを共に満たせる人材というものは容易には確保できない、というのが実情なのです。こうした実情を反映して、有能なSEと言われているような人には仕事が集中してしまって休む暇もないということになり、その一方では、慢性的なSE不足をなかなか解消できずにいる、ということになっているのです。
この問題を解決して行くためには、システムエンジニアの人材養成を積極的に行ってゆくしかないのですが、高度な能力が要求されるSEの人材養成というもの自体が困難なものであるために、なかなかその打開策が見出せないでいる、というのが現実であると言えるでしょう。その次善の策として、ある程度の能力を持つ人たちをチームにして、チームの力で能力不足を補うという方策や、システム開発ツールの高機能化によって、SEの業務を代替するといった方策もとられてはいますが、今ひとつ決め手には欠けているようです。