システムエンジニアの管理職が不足しがち

システムエンジニアが不足している傾向は今に始まったことではありませんが、そこからさらに上の仕事となる上級職になる人もあまり多くはありません。システムエンジニアの上級職というと、実はいくつかの種類があります。ひとつはシニアエンジニアで、これは特定の分野のエンジニアリングについて非常に長けており、総括的な様々なエンジニアの仕事を行ったり、エンジニアの中でも非常に経験豊富な人が多いでしょう。特に生涯現役で働く、ということで、シニア世代になっても働くというエンジニアということでこのような意味が含まれていることもあります。中には白髪になっても働く人がいて、社内での様々なエンジニアの方針を指し示すこともできるかもしれません。ただし、このシニアエンジニアに関しては就業経験やスキルが物を言いますので、若くてもスキルがしっかり有るのならシニアエンジニアになることもできます。実年齢はあまり関係がありません。もうひとつはプロジェクトマネージャです。基本的なプロジェクトマネージャの仕事はプロジェクト全体について統括したり、進捗を管理したりというような仕事内容です。もちろんエンジニアリングについての知識や技術、プロジェクト運営や統括的な進捗を管理する知識や技術が必要になります。この職種のどちらも、基本的にシステムエンジニアの経験がないとなることができません。このため、どちらも不足しており、常日頃から求人も多い職種となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です