システムエンジニアが不足する理由とは

システムエンジニアの不足が続いています。特にマイナンバー制度が始まってからは、様々な機関におけるシステム開発が急がれる中でシステム設計を行うシステムエンジニアが足りない状況です。また、そのような環境においてのハードワークが続くことにより、現役を退く人も増えています。元々管理職へと移ることが多い職種であることから、慢性的に人手不足は問題となっていました。さらに次に続く人材確保が難しいという現状もあるのです。
システムエンジニアには実に多くのビジネススキルが求められます。まずは設計を行う前にクライアントとの綿密な打ち合わせを行い、提示される仕様書に不備が無いかを技術者としての視点からチェックし提案することになります。その上で予算計画と必要な人員選びを行い、メンバーそれぞれの特徴などを把握して仕事を割り振ることになります。そして計画をスタートさせてからはメンバーそれぞれに注意を払いながら、最もパフォーマンスが高まるようにチームを管理していくことになります。このような総合力を必要とされるために日頃プログラミングにいそしむ人には、ビジネススキルを身に付けさせることは極めて困難となります。そのために多くのセミナーが開催されていますが、日頃の仕事が忙しいために参加できる余裕のある人は少ないものです。そのために後に続く後継者を育てることができないまま現役を退く人が多いのが現状となっているのでしょう。この現状を改善し、一刻も早くシステムエンジニアの不足を阻止したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です